65万円の控除。個人事業の確定申告freeeでお手軽青色申告完了

家電・サービス等

こんにちは。

本日、2回目の確定申告が完了しました。

その際、確定申告の最大メリットと私が感じる、青色申告による65万円の控除。

全く会計知識がなく、かつ本業の心理相談事業やそのスキルアップに最大限時間を使いたい。

あとスタミナがほんっと無いので、だらだらする時間も欲しい

しかし、研修費や交通費、新聞図書費(書籍購入)、資格手続きなど、どんどん必要経費は出ていきます。

青色申告の最大ハードル(主観)、複式簿記はややこしい。私の中の当面勉強優先順位では後回しせざるを得ません。

クライアントさんにより良い支援を提供するためにも、法律で認められた範囲で納める税金を最適化して支出を抑え、青色申告手続きの手間を最小限に減らせる。

仲間内に相談しつつ、開業の手続きから日々の経費や収入の入力、確定申告に至るまで、家計簿感覚で手軽に実施できる「freee」を使うことにしました。

個人的freeeの特徴

いいなと思うところ

個人的freeeの特徴 いいな編
  • 開業届のサポートも無料
  • 無料で機能お試し期間あり。いいなと思えば有料プランを選択
  • スマホアプリで家計簿入力するような感覚で手軽に入力。
  • 有料プランが複数用意されていて、私個人は最低機能プラン(スタータープラン)で十分
  • Q & A集がいっぱいで、調べたら大体わかる
  • 不明点は、チャットで随時問い合わせ可能(プランによりオペレーターにつながる優先順位あり)
  • チャットの問い合わせ記録は、チャット終了後、メールでテキスト送信されるため、後で何回でも見直せる。
  • 領収書などの電子保管に対応
  • 確定申告の書類も、各質問にイエスノーで答えて、案内に沿って必要な数値を入力すればいい
  • 出来上がった申告書データを、そのまま国税庁に電子申請できて楽。

ちょっと気になるところ

個人的freeeの特徴 むむむ編
  • お手軽家計簿感覚でサポート体制ばっちりな分、「自力で一から複式簿記を作成できるスキル」は身につかないと思う。

ただ、freeeの年会費・サービスvs税理士さんに相談する料金、手間、自分の事業がそんな大規模じゃないといったことをふまえて検討したところ、今のところこれでいいかなと思っています。

本格的な知識が必要なほど複雑化することがあれば、税理士さんと正式に契約を結ぶか、その時に会計の勉強するかすればいいかな、と思ってます。

あくまで本業は心理相談なので。

私のfreeeの使い方

私の日々のfreeeの使い方
  1. 開業時のみ:税務署に提出する開業届を、「開業freee」でささっと出す。(完全無料)
  2. 日々、事業収入や経費を都度「会計freee」に入力。(交通費、書籍の購入代、研修、SV、学会年会費、資格の更新など)
  3. 分類がわからない時や不明点が出たらその都度QA集を見る
  4. QA集でわからないところは、チャットサービスで問い合わせる。
  5. 確定申告時期に、案内に沿って申告書をfreeeで作成する。
  6. 国税庁の電子申請に、freeeで作った申告書をそのまま提出する。
  7. 65万円の青色申告控除と還付金うまー
ながてぃ
ながてぃ

生涯研鑽が必須な臨床心理士は、自己投資にかかるお金がいっぱいです。

そういった経費を青色申告することで税金の優遇を受けられることで、より自己投資が捗ります。

ややこしい複式簿記手続きをお手軽に済ませて、空いた時間で勉強するもよし、家族と過ごすもよし、ぼんやりお空を眺めてもよし、です。

ひとまずおすすめな始め方

開業届を税務署に送るためのサポートを無料で受ける:開業freee

ひとまず本年の確定申告時期だけでも、無料お試しで使ってみる:会計freee

それが気に入れば、有料プランに正式加入する。

ながてぃ
ながてぃ

私は、2020年度の確定申告を無料体験し、これはいいぞ、と思ったので、有料プランに加入しました。

プランごとに、チャットサポートにつながる優先順位があるのは致し方ありませんが、繁忙期でもなければ、最安プランの「スタータープラン」で今のところ十分だと感じます。

2021年度の青色申告も無事完了しました

ほとんど、必要経費分を稼ぐことが目的の個人事業なので、収入と支出がとんとんくらいです。

が、本業である給与所得と合算して、そこから65万円の控除が受けられるのがものすごく美味しい。

広告

下記は、上記ご紹介いたしました会計ソフトfreeeの広告です。

こちらからお申し込みいただくと、私にも報酬が入ってとても嬉しいです。

もしよろしければ、ご検討ください。

まず、開業届と青色申告承認申請書をセットで税務署に提出するための、開業freeeから。

こちらは完全に無料です。

完全無料の開業届サポート「開業freee」はこちらから。

続いて、当記事でご紹介した、「会計freee」です。

試しに確定申告期間の今など、無料でやってみて、良さそうならまずは最低限機能のみの最も安いプランから、というのがおすすめです。

途中でさらに上のプランにアップグレードもいつでもできますので、有料にするにしても、まずは安いプランから始めてみるのがおすすめです。

会計ソフトfreeeのお申し込みはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました